FC2ブログ

懐かしい人たちに出会う

飯山市の中心部にある高橋まゆみ人形館を訪れました。
飯山駅から徒歩20分、車だと5分程度のところにあります。

映画やアニメでみたような田舎のおじいちゃん、おばあちゃんたちの暮らしの様子、ほのぼのとするしぐさに出会いました。
それほど大きな人形ではないのに、とても表情が豊か。
人形に添えられた言葉が心に響き、言葉で伝えることが難しい人形たちの表情やしぐさが心を癒します。

田中岩渕橋本-飯山F05(高橋まゆみ人形館)

開館情報
開館時間 夏季(4月~11月)9:00~17:00  
     冬季(12月~3月)10:00~16:00
     いずれも閉館時間の30分前まで入館可能
休館日:毎週水曜日
入園料:一般(610円) 団体(100円引き)

(th/im/hn)

スポンサーサイト



新幹線駅とは思えない、素朴な風景・アクティブな拠点

大学のゼミのフィールドワークで、北陸新幹線飯山駅を訪れました。
駅舎及び飯山駅観光交流センターは、近代的ですが、そこからの風景は新幹線駅とは思えないほど長閑。
東京から飯山駅まで新幹線で1時間50分で到達です。是非、この風景が広がる飯山駅周辺の信越観光圏をおとずれてください。

田中岩渕橋本-飯山F01
飯山駅のパノラマテラスからの長閑な山並みと青い空

田中岩渕橋本-飯山F02
アウトドア用品がレンタル可能!もちろん購入も可能!!

(th/im/hn)

緑濃い季節になべくら高原を訪ねる

 緑が濃くなってきた6月、飯山市を訪ねました。飯山市の奥に位置する柄山集落、そこのなべくら高原森の家は、宿泊施設を運営するとともに、貴重なブナ森や里山保全に取り組み、自然の資源を活かして365日異なる体験プログラムを提供しているエコツーリズムの拠点となっています。森の家の支配人から、全国の観光まちづくりのモデルになった、資源の活かし方や着地型旅行事業(地域の観光資源を基とした体験プログラムを旅行者へ提供する旅行形態)についてお話を伺いました。
 その後森の家周辺のガイドツアーに参加しました。耳に手をあて、方向を定めて自然の音を聞いていると、鳥の鳴き声がよりクリアに聞こえてきます。そして風が林の中を通り過ぎておこる、葉擦れの音や水がさざめく音等を聞いているだけで、とても豊かな気持ちになりました。

160623飯山フィールドワーク (4)

 北陸新幹線飯山駅観光交流センターでも、おしゃれな観光案内所や信越自然郷アクティビティセンターの役割、お客さんをお迎えする取組について説明をいただかいました。冬季は新幹線1編成約1000人の乗客のうち、半分の500人が飯山駅で降りるような状況もみられたようです。この日もぽつぽつとお客さんがいらっしゃいました。

160623飯山フィールドワーク (1)

160623飯山フィールドワーク (2)

定時になると、飯山の風土や文化を感じさせるからくりが展開される雅な時計。

160623飯山フィールドワーク (3)

飯山菜の花公園から、いいやま湯滝温泉へ

信越観光圏をがっつり満喫してきました!
まずは小布施町!ハイウェイオアシスで生乳ソフト食べてきました♪
次に飯山市!菜の花畑さいこーでした♪県知事もおいでになっていました。
160501温泉同好会飯山菜の花公園

そして野沢温泉村をドライブし、長野県飯山市のいいやま湯滝温泉へ!
千曲川沿いに面してるので露天風呂きれいです♪大きな施設ですがシャワー少ない!と思いきや露天風呂の所にもシャワー完備!しかも捻る式。
2階の休憩室は広くって過ごしやすい!大満足!
(長野大学環境ツーリズム学部2年 温泉同好会代表Y.K)

160501温泉同好会飯山湯滝温泉

北陸新幹線ができてもとても落ち着いたまち飯山

 北陸新幹線が開業し早くも3か月がたちますが、お客さんが増えても、飯山の街の落ち着いた雰囲気はそのままで、風格が感じられます。久しぶりに寺町をゆっくりと散策し、福島棚田まで足を延ばしました。
 今回は観光まちづくり関係の専門家や研究者とまいりましたが、その雰囲気に感心をしておられました。
(長野大学K.K)

150613JTBF飯山 (12)

150613JTBF飯山 (13)

150613JTBF飯山 (14)

150613JTBF飯山 (32)

 | ホーム |  次のページ»»