FC2ブログ

実に開放的な展望露天風呂 馬曲温泉

 馬曲温泉は、山の上部、斜面地に位置する温泉で、谷沿いに木島平村や飯山市方面を望むことができます。入浴施設は、湯船がヒノキづくりのこじんまりとした内風呂と、露天風呂から構成させるシンプルな内容。もちろん地のものを提供してくれる食事処や休憩スペースも充実しています。2つの入浴施設は少し離れているため、一旦着衣して移動しなくてはなりませんが、夏、浴衣などで訪れるには最適です。

160826木島平村馬曲温泉 (3)
160826木島平村馬曲温泉 (4)


 なにはともあれ絶対のお薦めは、露天風呂。境界部に塀や植栽がなく、風呂から直接山中に視界が開ける、実に開放的なつくりとなっている点が、他の露天風呂にはない魅力です。ここから遠く里の方を眺めることができます。まさに眺望ひとりじめ。山中の風が、本当に心地よく、眺望に時間を忘れ、去りがたい時間をすごしました。

160826木島平村馬曲温泉 (9)
160826木島平村馬曲温泉 (6)
スポンサーサイト



道の駅FARMUS木島平オープン

 信越観光圏に新たな道の駅が登場との情報をいただき、さっそく取材に訪れました。北陸新幹線飯山駅方面からアプローチすると、ちょうど木島平村の入り口に当たる部分に道の駅FARMUS木島平が整備されています。農村文明を大事にする木島平村の農業と加工・料理・観光などの発信基地として、重要な役割を担っているようです。
 この道の駅、一見してただものではなさそう。外観は黒壁で、何かロフトのよう。道の駅FARMUS木島平のホームページによると、それもそのはず、元は工場だったようで、内部に入るとその独特の空間を有効活用した祝祭空間が配置されています。お洒落な雰囲気のレストランやカフェ、物産を扱うマーケット、農村文明を垣間見ることができる展示スペースは、ゴールデンウィークに訪れた来訪者向けに営業開始。食と農の体験プログラムを展開するキッチンスタジオ、商品企画を担うインキュターベーターオフィス、積雪期でも使用可能な広いイベントスペース(マルシェホール)、美味しい食品を丁寧に手作りする様子をうかがうことができる加工所等、これからの展開が待たれるスペースもありました。
 ホームページでは、「来訪者がムラの魅力や情報を得て地元の農産物や特産品と出会えるだけではなく、そこで活動する人々の様子そのものが、まるでショウウインドウのようにムラに魅力的にプレゼンテーションされる場所」をねらっているようです。

150506木島平村道の駅 (2)

150506木島平村道の駅 (1)

カヤの平と高社山を控える美しい田園風景

 昔から米どころとして知られる木島平村も春爛漫。ブナ林の名所であるカヤの平高原を遠望する田園(下の写真)には、そこの雪解け水とおぼしき清流が音をたて、里の新緑とともに、清澄な風景を形成していました。あと1ヶ月もたたずにあたり一面、田植えの季節となり、田園風景は一変します。

150506木島平村 (1)

 堂々とした高社山と里並みの風景。木島平村は、昔からの里山生活、農村文明を大事にしている村です。

150506木島平村 (2)

木島平の里山の紅葉 鮮やかな花と紅葉が一緒に楽しめる山の風景

 木島平村の高社山の中に整備されたやまびこの丘公園は、花をテーマにした観光施設である。園内はかなり広い。
高社山周辺の紅葉狩りとあわせて、久しぶりに立ち寄ってみた。
 ここの売りは、ダリア。大柄な花輪と、鮮やかな色彩を特徴としている。規模の大きなダリア園には、10月下旬というのに色とりどりの花が咲き競っていた。平日というのに、私達と同じように、紅葉狩りと花の両方を楽しみたいと願う女性グループも何組か見受けられる。

 やまびこの丘公園は、明日からの連休が最後の開園日となる。木島平村でも、いよいよ冬支度が始まる。(kei)

木島平村やまびこ公園141031-1

木島平村やまびこ公園141031-3

木島平村やまびこ公園141031-2

 | ホーム |