FC2ブログ

北信五岳の眺望点を探して

 信越地域の山岳高原地形の象徴であり、ランドマークとなっているのが妙高山(2,454m)、斑尾山(1,382m)、黒姫山(2,053m)、飯縄山(1,917m)、戸隠山(1,904m)の5山であり、これらは北信五岳と呼ばれている。妙高山以外は、長野県側に位置するが、下の写真のように長野県側でも妙高山を信仰の山と崇めたとおぼしき村落をみかける。

妙高山やまあて060515 002

 やはり妙高山以外は2,000m前後の山岳で、長野県の山岳の中では決して標高は高くない上に、深田久弥の日本百名山にも選定されていない。斑尾山に至っては大きな里山と言えるかもしれない。

 ただし、長野県の標高の高い山々の多くが連峰をなしているのと対照的に、北信五岳は概ね独立峰で、妙高山、黒姫山等火山独特のユニークな山容が明らかに目をひき、ひとつひとつの存在感は高山に遜色ない。信越地域の風景の要となっていることは間違いない。

 北信五岳が全て独立峰として景別がついた眺めを獲得したいという贅沢な願いを持って、いつも信越地域を訪れてみるが、手前の山並みにけられたり、天候に恵まれなかったりで、その念願をかなえられないでいる。
 小布施駅や小布施ハイウェイオアシスあたりでは、そこから眺められる風景が北信五岳であることを説明する案内板もあり、確かに北信五岳の大半を良く眺めることができるが、その案内板の隅にはそこから眺められる戸隠山は同連峰の高妻山であることを注釈として付している。高妻山は標高2,353mと戸隠山よりよほど高いのだが、戸隠神社の奥に位置し信仰の要となった戸隠山本峰とはちょっと違うような気もする。

 随分と前置きが長くなってしまったが、戸隠山本峰を含む北信五岳が全て眺められる視点場を、数値地形データを用いて検索してみたのが下図である。視点と五岳との間にある地形で、その山の眺望が阻害されない視点をコンピュータが選び出している。これによれば赤紫色で示した、信越観光圏地域の外縁部の高台や里山の上部で眺めることができるようだ。

北信五岳の可視領域

 ちなみに関係者のお話で、北信五岳が確実に眺められる視点として確認が取れている山ノ内町和田地区周辺からの山岳風景のCGを作成してみた。確かに五岳が絵のように並んでいる。でもやはりCGは味気ない。
 春になったらご馳走とカメラを持参して、現地の散策をしてみよう。 (kei)


山ノ内町和田あたりからみた北信五岳
スポンサーサイト




 | ホーム |