スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須坂市臥竜公園から信越観光圏を眺望する

 須坂市にある臥竜公園を訪れました。臥竜公園は須坂の市街地からさほど離れていない所にも関わらず、須坂動物園や『さくら名所100選』に選ばれている桜並木がある素晴らしい公園です。しかし、今回は動物園や桜並木ではなく、公園内にある「須田城跡」と言う山城の跡を登って来ました。須田城は、室町時代に当地を収めていた須田氏によって築かれた城です。登り口から頂上までは30分もかからず登る事ができるので気軽に登る事ができます。
 この写真は須田城跡を登る途中の東屋で撮影した写真です。須坂市を一望できるだけでなく、長野市や斑尾山、戸隠山も見ることができました。頂上より中腹のこの東屋からの景色を方がきれいでした。
 今回は須田城跡だけでしたが、臥竜公園は家族や恋人同士、または一人でも楽しめる場所であると感じました。臥竜公園には大きな池もあり、橋で渡る事ができます。橋を渡ると涼しい風を感じることができるので、これからの季節にぴったりなスポットだと思います。(Y.K)

170708小林君臥竜公園
スポンサーサイト

再び高山村を訪れる あっという間に季節は進んでいました!

 高山村はワイン用のブドウ生産が盛んな村であり、伊勢志摩サミットに出た有名なワインなどが生産されています。村中にワイン畑があり、四季によってその景色は多彩です。また、高山村は全国的にも早くから景観条例を制定し、美しい村づくりに取り組んできた村です。そのためか、高山村役場は村の特徴を活かしたかのように、ワイナリーのような建物でした。

170407高山村01by裕也

 高山村は高台に位置し、村内の至る所で美しい眺望を獲得できます。今日は夕方に訪れたので美しい夕日を見る事ができました。
夜に高山村を訪れれば、人口約50万人が暮らす長野市及び周辺地域の夜景を見る事ができるようです。高山村から見える美しい景色は四季やその時間によって様々な印象を受ける事ができるのでしょう。このような土地で暮らす高山村の方々は、美しい感性をもっているのでしょう。
(ky/km)

170407高山村03by裕也

初春の小布施町を歩いて

 小布施町を歩きました。路地裏・小道は、人一人がゆったり歩けるほどの幅。少し進むと「Welcome to My Garden」と書かれた小さな看板とともにオープンガーデンがあります。

170307-3小布施by裕也

170307-1小布施by裕也

大通りは、二、三人が並んで歩ける幅。道路沿いにはプランターに植えられたパンジーや街路樹があります。「花のまちづくり」を感じる景色でした。また、栗を用いたお菓子屋さんやカレー屋さんといった観光の場所と、交番や神社、小学校といった生活の場所が並んでおり、観光と人間の生活が自然と重なり合っている場所であると感じました。どこを歩いていても自然の緑や花の色を感じられる、そんな町でした。

170307-2小布施by裕也
170307-5小布施by裕也


帰り際に栗のプリンをいただきました。栗の味の深みに感動しました。

170307-6小布施by裕也

(ky/km)

信州高山温泉郷 蕎麦 温泉ざんまい

 高山村にある高山温泉郷・蕨温泉・旅館わらび野さんにてインターンシップ「グローバル女将塾」が開催されました。長野大学温泉同好会から部長と1年Mの二人で参加して参りましたので、高山村と蕨温泉の魅力をお伝えします。
 インターンシップのスタートは長野駅集合から始まりました。長野駅からは車40分程で着き、初めに高山村の「文の蔵」さんでお蕎麦をいただきました。大変美味しかったです。

170306-1高山村by裕也


 そのあとはワイン畑見学と高山村長にお話しをいただく事ができました。ワイン畑は冬なので一面の雪景色でした。インターンシップに都会から来ていた学生は雪景色を見て感動しておりました。

170306-2高山村by裕也

 続いて温泉です。蕨温泉「旅館 わらび野」さんの湯は幅広い年齢の方に入りやすい温度でした。わらび野さんは高山温泉郷のお宿で一番多く外国人観光客を受け入れている事から湯の温度も外国人のニーズに対応されているのかもしれません。
(熱めの湯もありました(;^ω^))
(ky/km)

170306-3高山村by裕也

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。